カテゴリ:東京都市部の動き( 5 )

東京都市部の動き

府中市

専門家と東京都に丸投げせず、かなり詳細な放射線量測定を行うようです。
サーベイメータ(可搬型)の購入だけでなく、簡易型測定器の購入し毎日測定すること。私立を差別していないこと。土壌やプール、水道水などの測定を市の責任で行うこと。
かなり踏み込んだ内容です。


以下
府中子どもたちの未来を考える会のHPより
--------------------------------------------------------------------------------------
府中市から議員に配布された資料                  6月24日
府中市から22日付けにて、議員に配布された資料について紹介します。
府中市の対策は「府中市節電・放射能対策本部」を設置し、市独自の放射能測定を実施するという趣旨のものです。資料から実施概要について「放射能対策」についてのポイントを表記します。「節電」について、及び、詳細については、配布資料のファイルをお読みください。

[府中市節電・放射能対策本部の設置について]

副市長、教育長、部長職をメンバーとするr府中市節電・放射能緊急対策本部」を設置し、市民の放射能への不安解消を目的とした対策と、市民サービスの低下を最小限に抑えた今夏の節電への取組についての基本方針を決定いたしましたので、次のとおりお知らせします。

[基本方針のポイント]

市民の安全と安心を守る立場から市民の不安の解消を図ることを目的として、放射能に対して、感受性が強いと言われている子どもたちが使用する施設を中心に、次のとおり市独自の測定を実施し、実施結果を公表することとしました。

[実施概要のポイント]

■ア)都からの貸与測定器での測定
東京都の調査(6月17日に市立南町小学校と市立第九中学校の2施設のみ)を補完する形で、市内小中学校、幼稚園、保育所の測定を実施し、結果を公表する。公園については数か所のサンプリング調査を実施します。なお、基本的に1か所1地点の1回限りで、測定の高さは、5cmと1 0 0 cmの2点とします。

■イ)簡易型測定器の購入
市立小学校22校に導入し、休日を除く毎日、定点定時の測定を実施する。なお、私立小学校についても協力を要請する。市立中学校、市立幼稚園、市立保育所、及び公園・広場を定期的に測定するため、各所管課に簡易型測定器を配備し、私立幼稚園、私立保育園については、専用の貸出用測定器を各所管課に配備します。また、自治会などの地域団体への貸出を目的として、各文化センター及び環境政策課へ各1台の配備を検討します。

■ウ)シンチレーション式サーベイメータ(可搬型)の購入
ア)及びイ)の測定において、再度調査が必要となった場合の対応として、精度の高い測定を実施するため、2台を導入します。

■エ)シンチレーション式サーペイメータでの調査委託
ウ)については、納入に日数を要することが予想されるため、納入までの対応として調査委託を実施します。

■オ)プール水の調査委託
市内60か所の市所管の屋外プールについては、市内を包括的にサンプリングするため、市立小学校及び郷土の森総合プールなど30か所で1回の水質分析の委託調査を実施します。

■カ)土壌調査委託
市内を包括的にサンプリングするため、市立小学校(22校)、市立幼稚園の内1園、市立保育所の内3か所及び公園・広場の内4か所の30か所で1回の土壌分析の委託調査を実施します。また、空間放射線量の測定により、さらに調査が必要となったときなどには、土壌分析の委託調査を実施します。

■キ)地下水及ぴ水道管直結の水道水の調査委託
現在、水道水については、安定しており安全が確認されていますが、万が一に備えて、地下水及び水道水の分析調査委託を実施します。

[問合せ先]
府中市環境安全部 環境政策課長 加藤哲康 電話042-335-4158

以上が概要のポイントです。
府中市独自調査の特長について管理人の意見をまとめてみました。

[評価できる点]

・小学校が主な対象となり、1日1回の測定を行うこと。
・簡易測定器の購入について十分な数量(44台/新聞情報)が示されていること。
・市内文化センターに簡易測定器を設置し、地域団体が利用できること。
・精度の高いシンチレーション式のを2台購入すること。
・機種について一定水準以上の機器が選出されている(議員情報)こと。
・空間線量が高い場合に、土壌検査を追加するオプションを持っていること。
・地下水と水道水について調査をおこなうこと。

[検討してもらいたい点]

・幼稚園、保育所について簡易測定器の配備が各所管課となっている。
・また市立が主で、市内に多くある私立の認可保育園について手薄さを感じる。
・プール水と土壌の調査については1回のみとしている。
・土壌測定について、幼稚園は1箇所、保育園は3箇所のみしか測定されない。
・また、幼児の遊ぶ砂場などについて明記されていない。
・測定期間が明記されていない。
・測定データについての公表方法が明記されていない。
・測定データについて、比較的高い汚染が判明した場合、対策基準が示されていない。
・給食(地場野菜含む)についてふれられていない。
・妊産婦(胎児)についてふれられていない。
・北多摩一号水再生センターについてふれられていない(近隣に学校)。

市の独自調査について、決断した姿勢は高く評価すべきです。子どもたちの生活環境を守る、市民の不安を解消するという趣旨に於いて、より細やかな測定方法で、長期的な実施、データの公表が求められます。福島第一原発事故の収束が見えず、日々、放射能が放出されている現実がある以上、今後の実施や測定結果について、市民と市が話し合う機会をもてることが、より安心さを高めることに繫がると考えます。みなさんのご意見を聞かせてください。

引用おわり
[PR]
by shinzawa-k | 2011-06-26 14:48 | 東京都市部の動き

東京都市部の動き

立川市

東京新聞6/24朝刊

放射線量100ヶ所測定へ 立川市、全認可保育所などで』
市内2km四方を8ブロックに分け、地上5cmと1mの空間線量を2週に1回測定する他、
市内全小中高、認可保育所も月1測定。多摩地域での測定箇所は最多。
来月上旬には小中プール水の測定も
[PR]
by shinzawa-k | 2011-06-24 23:58 | 東京都市部の動き

東京都市部の動き

武蔵野市
給食食材の測定始まる


【原発】市立小中学校給食食材の放射性物質検査について

更新日:2011年6月22日

 武蔵野市の学校給食では、成長期の子どもたちに食を提供するという観点から、安全性を優先して食材を選定し、栄養のバランスのとれた安全な給食の提供に努めています。

 現在、市場に流通している食材は、国及び各都道府県において検査され安全が確認されているところですが、より安全安心な給食を提供するため、市としても放射性物質検査を実施します。

 今後は、原発事故周辺地域の生鮮食材を中心に月2~3回、5~10品目ずつ検査し、結果を公表します。

平成23年6月22日
武蔵野市教育委員会

市立小中学校給食食材の放射性物質検査の結果について(第1回)
1 検査年月日 平成23年6月7日・6月9日
2 検査機関 (財)日本食品分析センター
3 検査方法 γ線スペクトロメーター(ゲルマニウム半導体検出器)法
4 検査結果

食 材      産 地                 ヨウ素131      セシウム134       セシウム137
牛 乳      北海道・群馬県・千葉県の混合 検出されず      検出されず        検出されず
にんじん    千葉県                検出されず      検出されず        検出されず
たまねぎ    茨城県                検出されず      検出されず        検出されず
小松菜     埼玉県                検出されず      検出されず        検出されず
キャベツ    群馬県                検出されず      検出されず        検出されず
ごぼう      群馬県               検出されず      検出されず        検出されず
大根       千葉県                検出されず      検出されず        検出されず
長ネギ     茨城県                検出されず      検出されず        検出されず

*「検出されず」とは、検査機器が測定できる定量下限値未満であることを示しています
[PR]
by shinzawa-k | 2011-06-24 00:09 | 東京都市部の動き

東京都市部の動き

三鷹市

市民有志が
【三鷹市議会まちづくり環境委員会】に請願を提出。

【放射性物質関連請願内容】
1.市内の小・中学校・幼稚園・保育園において三鷹市あるいは専門機関が放射性物質の測定と数値の把握を継続的に行うこと。
2.予防的観点から子どもたちの食と水の安全を確認するための最大限の努力をすること。
3.測定により把握された数値の継続的なデータを情報公開すること。
4.給食に使われる食材の産地の掲示及び測定された放射線量の公表。
5.これまでに農産物から放射性物質が検出されたり、出荷制限がない産地の食材使用。
8.子どもたちが屋外活動をする幼稚園、保育園、学校、公園等地表面の放射線測定。
9.子どもたちが給食や軽食で食べる食材の放射能量測定。

6月20日、審議の上、全会派一致で賛成
半田伸明議員のtwitterより

すばらしい運動だと思います。
[PR]
by shinzawa-k | 2011-06-23 02:40 | 東京都市部の動き

東京都市部の動き

調布市

(現時点の取り組み)
調布市においては、定点観測所を10ヶ所と定め、学校、保育園だけでなく公園、児童館、障害児施設の測定も行っている。さらに6/10の早い段階で、プールの測定を行った。

以下、HPより抜粋

市内放射線測定結果(第1報) 6/8
市内公共施設のうち,子どもが利用する施設(小学校,保育園,児童館,公園のうち10か所)における空間放射線量を測定しました。測定については,6月3日と6日に,小学校の校庭などを対象として,電気通信大学の協力により測定方法の指導等を受け,市の携帯型測定器により実施しました。測定結果は以下のとおりです。

測定場所
上布田公園
上布田保育園
第一小学校
調布ケ丘児童館
八雲台公園
染地児童館
東部保育園
緑ケ丘小学校
北ノ台小学校
上石原保育園

市内放射線測定結果(第2報) 6/11

市では,市内公共施設のうち,子どもが利用する施設(小学校,保育園,児童館,公園のうち10か所)における空間放射線量を測定しています。
 測定機器や測定条件等の違いはありますが,市では,東京都の測定結果と同程度の数値であったことを踏まえ,測定時点において健康に影響を与える数値ではないものと考えています。
 今後も,週1回,下記地点を定点測定し,空間の放射線量の測定を行うとともに,段階的に測定対象施設を増やしていきます。

測定場所
上布田保育園
東部保育園
上石原保育園
北ノ台小学校
緑ケ丘小学校
調布ケ丘児童館
染地児童館
上布田公園
八雲台公園

※臨時に下記の場所を測定しました。

深大寺保育園
子ども発達センター
西部児童館

市内放射線測定結果(第3報) 6/21
市では,市内公共施設のうち,子どもが利用する施設(小学校,保育園,児童館,公園)のうち10か所を定点として,継続的に空間放射線量の測定を実施しています。

さらに測定対象施設や地点を拡大してほしいとの市民の要望にこたえるため,段階的に測定対象施設を増やしていきます。このため,市では,測定器の追加発注を行うとともに,東京都から機器を借り入れるなど,測定の拡充に向け,可能な限り努力していきます。
今回,定点測定の10か所に加え,滝坂小学校及び市立保育園全園の測定をすることができました。さらに,今後,未測定の施設についても段階的に測定を実施していきます。
小学校プールの水に含まれる放射性物質については,すでに深大寺小学校プールについて検査を実施し,不検出の結果でした。その他の小・中学校についても,検査する方向で準備を進めています。
引き続き,市民の安全安心の観点から,放射線への測定等に対応していきます。

測定場所
定点測定場所に加え、滝坂小を測定。

市内放射性物質測定結果(小学校プール)
2011年 6月 10日 更新
市内公立小学校のプール水について、専門業者へ測定を依頼し、
放射性物質は不検出でしたのでお知らせします。

<分析及び測定方法>
 ・分析方法--測定箇所のプール水2ℓを容器に詰めて、検査機関へ送付して試料とする
 ・検査機関--中外テクノス株式会社

 ・測定箇所   調布市立深大寺小学校プール
 ・取水日    平成23年6月6日(月)  天候:晴れ
 ・検査日    平成23年6月7日(火)
 ・検査結果           
   項目  結果 検出下限値
放射性ヨウ素  I-131    不検出   12
放射性セシウム  Cs-134    不検出   13
         Cs-137      不検出   14
[PR]
by shinzawa-k | 2011-06-23 02:13 | 東京都市部の動き


シンザワカツノリ 障害を持った方たちの地域支援をしています。広島生れ。小3男子の父。KOMAEnoKODOMO世話人


by shinzawa-k

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
コマエノコドモに参加
コマエノコドモ
狛江市との話し合い
市長への手紙
狛江市放射線量(自己測定)
食材について
がれき
狛江市放射線量(市発表)
勉強会
東京都区部の動き
東京都市部の動き
自己紹介
未分類

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
more...

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

関東
健康・医療

画像一覧