基準値越えの堆肥と地場野菜・給食(市長への手紙)

2/6投稿分の市長への手紙にお返事いただきました。
迅速な対応とわかりやすい回答に感謝です。

質問の趣旨は
「市内の堆肥に汚染が見つかったこと」

「(その堆肥が流通しないにしろ)同等の条件で栽培される可能性のある地場野菜の検査は必至」
「学校給食で地場野菜を使う以上、検査すべき」
ということでしたが、どうも質問がうまくないですね。自分。

わかったことは、以下の通り。
1.1月~3月の保育園・小中学校の一食丸ごと検査は、48検体行われること。
2.その中には、地場野菜が含まれる検体もあるらしいということ。

いずれも評価したい内容です。
望むべくは、検査結果公開時に、その回の食材の産地も合わせ教えて欲しいですね。

残念なのは、僕の尋ね方の問題かもしれませんが、
堆肥にセシウムが出た時点で、「たいへんだ!狛江の畑の野菜の安全性を確かめなくちゃ!」とは、
考えなかったらしいこと。給食に出る出ないは別として。

あらためて、以下の2点はなんとかならないのでしょうか。
1.地場野菜の単体での測定
2.給食測定の回数を増やす

質問・要望(新澤)
学校・保育園給食の食材の安全性について、とりわけ放射性物質の問題について心配しております。
一時期、半分近くを占めていた東北、北関東の食材は減っています。加えて市立学校においてキノコ類の使用がないのは、うれしいことです。関係者に感謝したいところです。
懸念されるのは、コマエ産の地場野菜が増えたことです。
11月末の都の放射能検査では、市内の落ち葉・剪定枝を主な原材料とした堆肥で基準値を超えたセシウムが検出されています。仮に農家での自家消費用として生産されており、流通していないにしろ、狛江の地で作られた堆肥に放射性物質が基準を超えて含まれていたという事実は重大です。その後、市が独自に同等の条件で作られた堆肥を測定されていないのは、なぜでしょうか。
狛江で作られた野菜が給食の食材としてコドモたちの口に入るということは、賛成ですが昨年11月、12月に行われた市の給食食材の放射能検査において、狛江の地場野菜は1品として検査対象になってはいません。
今後、行われる検査には、ぜひとも狛江の地場野菜が加えられるべきだと考えますが、市長御自身のお考えをお知らせください。


(回答)

 狛企政発第101319号
                           平成24年2月17日

新澤 克憲 様

                         狛江市長
                          矢 野  ゆたか
          
          市長への手紙の回答について

 この度は「市長への手紙」をありがとうございました。
 内容について、以下のとおり送信申し上げます。今後とも狛江市政にご意見、ご要望をお寄せください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 学校給食に対するご質問もありますので、教育委員会と調整の上、回答申し上げます。

 落ち葉、剪定枝を原料とした堆肥については、東京都とJAが連携して、29市区町村より129検体を採取、検査を行い、その結果が平成23年11月に公表されました。内容は狛江市を含む10自治体の農家から提供された13検体より暫定許容値を超える値が検出されたというものでした。市内からは3農家が1検体ずつ提供し、そのうちの1農家の検体から放射性セシウム暫定許容値400Bq/Kgのところ、410Bq/Kgが検出されています。なお、この堆肥は使用前のものです。
 これらの結果を受け、国及び東京都から、平成23年産の落ち葉や剪定枝を原料とした堆肥の生産及び使用はすべて見合わせるよう農家に対し周知され、現在放射性物質が検出される堆肥は施用・流通していませんので、市で独自に検査を行う予定はありません。
 なお、今回のご意見があり、改めて東京都に今後の検査予定について担当の地域活性課より問い合わせましたが、同様の理由により東京都においても予定はしていないとの回答があったと報告を受けています。

 次に給食についてですが、子どもたちや保護者、市民の皆さんの不安を解消し、安心して給食を食べてもらうという観点から、消費者庁の地方消費者行政活性化交付金を活用し、平成23年11月から12月末までの間に、給食食材の放射能検査を実施し、公表しています。
 当初は平成23年12月までの測定ということでしたが、この間、学校や保育園の保護者等からは、給食食材放射能検査の継続や調理された給食の放射能検査の実施を望む意見が複数寄せられました。
 これらのことを踏まえ、平成24年1月以降、3月末までは、認可保育園及び市立小・中学校における給食の放射性物質の測定を継続して行っています。調理後の給食をまとめて測定する方法で実施することとし、認可保育園9園及び市立小学校6校、中学校給食でそれぞれ3回ずつ、給食そのものを計48検体、測定していく予定です。保育園給食に地場野菜を使用していませんが、学校給食の放射性物質測定の中には地場産野菜も含まれています。
 平成23年7月1日付け「市長への手紙」回答と一部重複しますが、東京都とJA東京中央会で組織する「都内農産物の放射性物質の影響に係る対策会議」において、放射性物質の検査が実施されており、狛江の農産物は、平成23年6月29日から30日にかけて1回目としてホウレンソウ1検体、8月24日から25日にかけて2回目としてナス1検体、10月19日から20日にかけて3回目としてエンサイ(空心菜)1検体、平成24年2月7日から8日にかけて4回目としてコマツナ1検体の検査が実施され、全ての農産物で放射性ヨウ素、放射性セシウムともに検出限界値未満という結果でした。
 今後とも、市及び教育委員会では、地場野菜も含めて、特定の食材の測定は、緊急を要する場合や報道等で測定が必要と判断される場合など、状況に応じて検討してまいります。

 以上、回答申し上げます。ご理解いただければ幸いです。


[PR]
by shinzawa-k | 2012-02-17 18:59 | 市長への手紙


シンザワカツノリ 障害を持った方たちの地域支援をしています。広島生れ。小3男子の父。KOMAEnoKODOMO世話人


by shinzawa-k

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
コマエノコドモに参加
コマエノコドモ
狛江市との話し合い
市長への手紙
狛江市放射線量(自己測定)
食材について
がれき
狛江市放射線量(市発表)
勉強会
東京都区部の動き
東京都市部の動き
自己紹介
未分類

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
more...

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

関東
健康・医療

画像一覧