安全な給食ってなんだろう

ある私立保育園の取り組みを、少し前に世田谷こども守る会の掲示板で見つけて、これっていいのではないかなと感じたので紹介します。
(関係者でご迷惑がかかる場合は、指摘ください)

以下、引用  


昨日の園便りに掲載されていた給食に対しての対応についてみなさんにもお知らせしたいと思います。以下、抜粋です。

1、牛肉は汚染問題が出たため、当面使用しません。
2、海洋汚染の問題で魚の骨に蓄積しやすいストロンチウムなどに注意するため、骨ごと食べる煮干し・しらす・ちりめんじゃこは除きます。
3、原発事故による放射線量や土壌汚染のデーターを参考に、食材の仕入れを調整しています。現在、放射線量の多い地域(福島・茨城・栃木・群馬・宮城)の食材はほかの産地に可能な限り替える努力をしています。しかし、献立で欠かせない食材で産地の変更ができないときや、安全性が確認される食材は使用していきます。
4、放射能の影響を軽減するために給食では丁寧に洗う、ゆでこぼす、皮をむく、根菜類の芽の部分は丁寧に取る、果物はよく洗って流水に30分さらすなどの方法をとっています。そのほかに肉、魚などはマリネード液に漬けてから調理するようにしています(チェルノブイリの原発事故の時に、放射性物質を軽減するために工夫された方法)
5、ほうれんそう、小松菜、チンゲン菜、椎茸など放射性物質を取り込みやすい野菜については、当面給食からのぞきます。
6、調理方法の「洗う」「ゆでこぼす」「小魚の除去」などで、食材から失われていくビタミンCやカルシウムなどの栄養分を補うことと、さまざまな食材を食べることで放射能の影響を軽減することを考えて、豆乳やジュース、チーズやヨーグルトなどを多く取り入れて補給できるようにしています。
7、主食の米は、今年くらいまで使える量の古米を確保しました。その先についてはこれからの検査状況をみて判断していきます。

以上、引用

この保育園の考え方の取り組みは、いくつかの見るべき点があるように感じます。


a. 放射性物質を取り込みやすい食材を排除すること
b. 食材の産地をより厳密に選定すること
c. 放射能の影響を低減するための調理法の工夫を行うこと
d. 上記の対策を行うことで損なわれる栄養素を摂取するための代わりの食材に配慮すること


これらのことを複合的にやっていくことで、より安全性を高めていけるということなのでしょう。

そして、自治体がよりきめ細かい検査体制を整備し、出来る限りの安全性を確保することで、「安心」はより大きなものになると今日の時点では思っているのですが。
ご意見をいただけると幸いです。
[PR]
by shinzawa-k | 2011-09-17 01:38 | 食材について


シンザワカツノリ 障害を持った方たちの地域支援をしています。広島生れ。小3男子の父。KOMAEnoKODOMO世話人


by shinzawa-k

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
コマエノコドモに参加
コマエノコドモ
狛江市との話し合い
市長への手紙
狛江市放射線量(自己測定)
食材について
がれき
狛江市放射線量(市発表)
勉強会
東京都区部の動き
東京都市部の動き
自己紹介
未分類

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
more...

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

関東
健康・医療

画像一覧