狛江市に要望書を提出しました

狛江の子どもの未来を守るネットワーク 、野菜プロジェクト 、狛江の放射能を測る会 以上の三団体は狛江市に次のような2つの要望を10月11日付けで提出しました。

1.狛江市内の学校・保育園の給食食材の検査器購入に関する要望書
2.狛江市内の学校、保育園、学童保育所、公園などの放射能測定に関する要望書


宛先は高橋狛江市長とし、市長自ら面談に応じていただけるようにお願いをしました。また、同じ文面のものを関連する部署にも届け、教育長、自動青少年部長、環境管理部長にも会談の申し入れをしました。



狛江市内の学校・保育園の給食食材の検査器購入に関する要望書(抜粋)
放射能検査器を市が購入して運用することを要望します。市が独自に検査器を購入すれば、これまでと同様の予算と、同様の測定方法で、参考資料に示した放射能測定が可能になります。

 また、市独自の検査装置があれば、調理済み検査の欠点を補うために、給食食材の中で放射能を含みやすい食材や日常的に使用される食材の検査を、調理前に行うことができます。また、地場野菜などに含まれる放射能についても必要に応じて検査が可能となるうえ、土壌検査や、堆肥の検査も可能になります。さらに、この市独自の測定によって、地域の放射能に対する意識が高まるという利点もあると思います。

なお、放射能検査器の例とて、応用光研工業製、FNF-401 (430万円)が良いと考えます。それは、シンチレーションタイプの中では測定限界が低く、検出限界値10Bq/kg:1000秒 以下が可能である上、日本製のため取扱い・メンテナンスが容易なことなどからです。仕様書を添付しますので、ご検討下さい。
測定器の運用については、市職員だけで運営が困難な場合は、市民との協働も考えていただければと思います。

狛江市内の学校、保育園、学童保育所、公園などの放射能測定に関する要望書(抜粋)
学校、保育園、学童保育所、公園などを中心に放射性物質の溜まりやすいと思われる地点を市民と協議のうえ選定し、地上5センチでの空間線量の計測を行い、測定値が高い場所においては、必要な土壌検査を実施することを要望します。土壌検査については、すでに陳情採択という形で議会の理解が得られていると考えております。

 これらの計測が「市民の不安の払拭」を目的にされるのであれば、測定前の協議や説明会、測定の立会い、測定結果の公表とその解釈などのプロセスにおいて可能な限りの市民の参加が実現されますよう重ねて要望するものです。



[PR]
by shinzawa-k | 2013-10-11 20:39 | 狛江市との話し合い


シンザワカツノリ 障害を持った方たちの地域支援をしています。広島生れ。小3男子の父。KOMAEnoKODOMO世話人


by shinzawa-k

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
コマエノコドモに参加
コマエノコドモ
狛江市との話し合い
市長への手紙
狛江市放射線量(自己測定)
食材について
がれき
狛江市放射線量(市発表)
勉強会
東京都区部の動き
東京都市部の動き
自己紹介
未分類

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
more...

外部リンク

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

ブログジャンル

関東
健康・医療

画像一覧